--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



羽のように 丘をくだり
やさしい彼のもとへ
明るい歌声は恋をしてるから



                      亜麻色の髪の乙女:島谷ひとみ




どうやら前回の記事にてフェチの話をしたら疑問を持った方がいたのでちょいと説明。

足→細いのが好き。

まあこれは…分かる方いるんじゃないかと。
後ろ姿だったらまずそこ見ますね。

匂い→よい香り。

普通ですな。でも香水じゃないシャンプーの匂い?
女性の独特の匂いと言うか何と言うか…。

唇→整った唇。

上記の表現が正しいのか正しくないのかは分からない。
それに今まで会ったことないけど…。
好きなのはAvril Lavigne。
NEWアルバムのジャケット持ってる方は分かるかもしれない…。

爪→綺麗にしている人。

自分が指や爪に結構気を遣ってるから…から?
爪と言うか手の方かも。
太い手は微妙…細かったら嬉しい。



何を俺はぶっちゃけているのだ。


落ち着け、俺。

……

……

……


よし、落ち着いた。




今日、眼鏡買いました。



あ、でも普段はコンタクトだけど。
緊急用や外した後の外出用、花粉の季節対策(かなり先だが)に。

最終的に二つに絞り込んだのだが、悩みに悩んで20分程(←長い)。
決まった。

しかし、眼鏡って作るのに時間かかるねー。
こんなに掛かるものなのかと!
まあ…結果的に良いものになったから良しとしよう。

割と気に入ったし。


さ、意味不明なところで終幕。


ほななー。


では、続きで三題噺を。


今回はY39殿の「友情」「裏切り」「泥沼」でいきたいと思います!
お時間があれば是非読んで下さい。



色々と募集に面倒なのでちょいと今度改定します。








ぐんぐんのびーる





コメント返し。


訪問&コメントありがとーございます☆

夏殿

結構いろんなフェチありますね、俺w
ちょww変態ってww
軽く落ち込むorz
……まあつまり好みに五月蝿い訳ですね、はいw

ヾ(( ゚)д( ゚))ノイヒヒヒヒー
ヾ(( ゚)д( ゚))ノイヒヒヒヒー
ヾ(( ゚)д( ゚))ノイヒヒヒヒー

↑謎

今回の件については申し訳ございません。
ちょっとルールの改定いたします!

Y39殿

新キャラ…そう多く登場することはないでしょうw
今回はY39殿のテーマで書かせていただきますね。
ありがとうございます^^

まあさ殿

寝癖!寝癖とはまた変わってますねーw
中学の頃はワックスの存在を知らず、寝癖ヘアーと格好付けていたイタい時期がありましたorz

相互リンクありがとうございます★
改めてよろしくお願いします。

ちう吉。殿

なんか、ブーンとか言ってますw言ってますw
自分の中では爪=手ですねw
同じですww(嫌かw

リンクありがとうございます★
more open !?
スポンサーサイト
05/22/2007    小説を書く力


何回も躓いて 現実に傷ついたって
目を逸らさず 強くなれ



                      Awaking Emotion 8/5:ウエンツ瑛士




あれ、えーっと。
前に言ったかな。
自分が書いた小説をある会社に応募した訳です。

二つ。

一つは、あの綿谷りさが受賞した「インストール」や
主題歌がミリオンセラーにまでなった「野ブタのプロデュース」の、文藝賞。

これとはまた別のものに送ったのです。

上記の賞はフィクション小説だが、もう一つのにはエッセイのようなものを書き、送りました。

んで、つい先日その賞の発表がホームページで行なわれた。
賞の名前はあまり言いたくないので、伏せますが。
因みに会社は文芸社です。

結果。


落ちました。


まあ…分かってましたよ。
多分擦りもしないだろうと。
案の定そうだった。

それなのに、やはり何処かしら期待していた気持ちはあった。
浮かれていた。
俺の実力はこんなものだ。
小説だろうがエッセイだろうが、結局は自分が書いたもの。
単に実力がなかった、それだけ。

構成の力、語彙力、表現力、あらゆる点が劣っていた。
それだけのこと。

現実はこんなものだ。

多分こういったジャンルのエッセイはしばらくはないと思うので、
普通にフィクションを書き続けようと思う。
たとえ受験生だろうが、何だろうが書き続けなければ意味がないと思っている。

文藝賞に送った作品は、7月に最終選考に残った人だけに電話が来るそうだ。
つまり、それまでの第一次選考、二次選考の結果が分からない。

これはこれで嫌だが、変に期待せずに済む。

予め結果が分かる号を何日も前から待ち、自分の名前が書かれていないか酷く不安になる。
あれば、それは高揚するが、なかったときの凹みがハンパ無い。
それまでの期間の緊張感、多分色々なことに対して気持ちが入らなくなる。

電話でなら、何となく諦めはつくし、気持ち的にも楽。
雑誌の発売日を待ち、載っていれば万歳、載っていなかったら最悪。

そんな緊張感を味わう必要がない。

まあ何はともあれ、7月中旬に結果が分かる。

それが駄目でも一日凹んで、また書く。
応募し続けて、いつかはとる。

勉強と平行させて行くのは大変だけど、自分が選んだ道。
仕方がない。
さて、今日中には百枚突破かな?
だとしたらランキングのところ直しておかなければな。

取りあえずあと二枚で90枚を超える。
その後は根気で書く!

……よし、頑張るか。








押してくれればありがたいですね。
まあ、気が向いたらどうぞ。
でも、もうランキングには執拗にこだわりません。
原点に戻って自由気ままに、と言う感じで。





壊れるほど愛しても 1/3も伝わらない
純情な感情は空回り I love youさえ言えないでいる My heart



                      1/3の純情な感情:SIAM SHADE




久々にブログを放置。
いや、ちゃんと見てたけど、何となく書く気がしなかった。
取りあえず三題噺は考案し、書いた。
ただ、パソコンの前に座るとどうも眠くなっちゃうんだよねー。
やらなきゃいけないことは多々あるのに。

だけど、受験の為にブログを完全放置するつもりは全くもってありません。

と、現段階では考えているが実際1月くらいになるとどうなるんだろー。
怖い怖い。

ブログを始めたきっかけの友人が全員やめたらやめるかも。
いや、分かんないけど。

将来的に言えることは、企画は多分やめるかもしれない。
時間がとれない気がして。

そう言えば、この放置した期間で意外とネタが転がっていた。

1、学校に鼻ピアスをした1年生発見。
2、やたら上手い太鼓の達人たち。
3、スタバで勉強していた際、隣りで男女が法的な話をしていた。
4、テストまで割と近いことに気付く。

うん、こんな感じ。
まあ後々書いて行くことにしよう。



ところで、話は変わるが、
実は100記事を超えた。
さして、強調していなかったので、今しよう。


100記事超えた!

やったね

因みに、この記事で103記事目なのさ。
俺、頑張った。良くやったよ。

これからも頑張るべ。

と言うことで、三題噺始めちゃいます。

詳しくは続きを↓



それにしても博士の愛した数式は良かったなぁ。
久々に良い映画観た気がしたね。








押してくれればありがたいですね。
まあ、気が向いたらどうぞ。
でも、もうランキングには執拗にこだわりません。
原点に戻って自由気ままに、と言う感じで。



more open !?

出会いと別れを繰り返してもなお
僕はこんなにも子供のままだ
淡いイメージなんて
道端に放り投げてしまえたらな



                      波風サテライト:シュノーケル





珍しくちゃんと勉強した。
まあ、これで良いんだよな?
途中かなり眠くなって、無印で買ったリングノートに、変な言葉を書き綴って目を覚ました。

ちょっと(相当?)イタいことばかり書かれているから、
絶対に誰にも見せない。
もの凄く小説のネタっぽいこと書いてるけど、実は全然違っていたり。

今、勉強はスターバックスカフェでやっているから、人通りが激しい。
眠くなったら彼らを見て思ったことや、風景を見て感じたことを書いていた。

そしたらいつの間にか変な内容に。
まあ、字を書く事が好きだからかなり目は覚めたけど。

誰にも見せませんよノート。

いずれはいっぱいネタが書かれるであろうノート。

物語の中で上手く使えたら良いなぁ、みたいに思いながら綴っている。
キャラクター達が言うフレーズ?
自分でもよくわからないことばかり書いてる…。

誰かに見られたら、俺は死ぬな



さて、今日はspitz_spirit殿から頂いた言葉。

「コーヒー」「携帯ストラップ」「デジタルカメラ」

を使って、短編を書きたいと思います。


初めて来た方の説明&小説は、「続き」をクリック。
では。
more open !?



夢と現実との境目ってやつをさ
明確にしておくことに
奇跡は徐々に拗ねる
片道だけのチケットと血眼をさ
無視することに
果たして神は頷いてるだろうか?



                  The Rainbow Star:ENDLICHERI☆ENDLICHERI





5月13日。今日は母の日です。
自分を産んでくれた大切な母親に何かプレゼントしましたか?


と、変な前フリを入れたが、ここで企画の発表。



「三題噺」

これが読めるものがいるか。
多分、そう多くはないと思う。
「三題」は普通に「さんだい」
「噺」は「ばなし(はなし)」
と、読む。

どう言うものなのか、何故こんな話を突然持ち出したのか。
「三題噺」

落語の形態の一つで、寄席で演じる際に観客に適当な言葉、題目を出させ、
そうして出された題目3つを織り込んで即興で演じる落語である。

(ウィキペディアより引用)

と、言うもの。
これを小説バージョンにしたものをやろうと思う。

今回の記事で、合計100を超えた。
ブログを初めて数ヶ月。
最初は色々ありながらも割と順調に今まで更新してきて、現在に至る。

前々から小説だの作家だの何だのと、散々言ってきて、
「じゃあ、あんたはそう言えるくらいのレベルなのか」
思った方は居るかもしれない。
そこで、俺はこの「三題噺」を利用して、我がブログに小説を載せようと考えた。
そして、その載せた小説を評価して欲しい。

「面白い」「詰らない」「上手い」「下手」「日本語間違ってね?」
「“てにをは”がなってない」「駄文」「単調」「文章の意味がわからない」「稚拙」
「読んでて違和感がある」

などの感想を一言でも良いので書いてくれるとありがたい。
別に俺は批判されても全く気にしない。
むしろ、感謝したい。
何処ら辺がおかしいのか、それを改めて見つめ直し、向上させる。
そのきっかけが欲しい。自分では上手く見つけられないので。
他人に読んでもらって、初めて気付くものだと。

さて、本題。
上記に書いてある通り、観客(閲覧者)に言葉(名詞)を3つ出してもらう。
この時、「言葉(名詞)」は、全く関連性のないものにする。

例えば、「猫」「ベルト」「鏡」
    「道路」「老婆」「リモコン」
    「財布」「芸人」「チョコレート」

何でも構わない。
ただし、名詞で。
形容詞とかだと安易に使う事が出来てしまうので。
あと、固有名詞は禁止。
「富士山」「笑っていいとも」「徳川家康」等。

そして、この出されたお題で短編を書いていく。

例として、一番上の「猫」「ベルト」「鏡」でちょっと書いてみる。


クッションの上で猫が気持ち良さそうに寝転がっていた。
私が会社に遅刻しそうで忙しくしているというのに。
猫は、社会に縛られていない優雅な動物で羨ましい。
慌てて作り、焼きこげてしまったパンを口に運ばせ、
両手でベルトを閉めていた。
最近、太ったのか、以前に比べて位置が一つずれた気がした。
学生時代、水泳を3年間やって、引き締まった身体は何処へ行ったのやら。
同級生に自慢していたあの頃が懐かしい。
また、戻れたら良いのに。
食卓から見える小さな鏡を見ながら自分の顔を眺めた。
顔全体も、太ったか。
頬を擦ると、肉が少し、増えた感覚がした。
太ったと言えばこの猫、まだ名前が決まっていない。
一週間前に、私の玄関の前で捨てられていた。
丸まるとした猫はそのまま放っておく訳にもいかず、
結局一週間住まれている。
名前、何としようか。


多分、記事を書くときはもうちょっと長めになるだろうが、まだ未定。

今回、書いた短編小説では、
一行目に「猫」
五行目に「ベルト」
十行目に「鏡」

こういう形で行きたいと思う。

では、どうやってお題を出して貰うか。

記事を新しく書いた時、冒頭(又は最後)に、
「三題噺募集」
と、書く。
初めて来た人には分からないので、詳細を加える。
(もしくは、この記事のURLを張るか。そこはまだ考案中)

そして、それが書かれた記事のコメントに、「言葉(名詞)」を3つ書いて欲しい。
そうしたら次回の記事に書くつもりである。

因みに、その言葉を受け付けるのは一番始めに書いた人のみ。
時間が被ってしまったら(滅多にないと思うが)、一番最初に載った人で。
他の方はまた次回の報告を待ってもらいたい。

まあ「三題噺募集」と書くのは時間の関係とかを考えるので、日にちは不定期である。

もし、この募集の際に、コメントがなければ、次の記事は普通のものにする。

と、まあこういう企画である。

100記事記念で何かしようと考えた末に、こんなものしか思いつかなかった。

もし、「結局は自分の腕を見せ付けたいだけじゃないの?」
なんて言われたりするかもしれない。

だが、ここは俺のブログ。
自由気ままに、と書いてあるだろ。
そう思うなら、もう来ないでくれ。

たとえ、独りになっても俺は書き続ける。
だって、それが将来就きたい職業なのだから。


そんなこんなで、こういうの企画を考案したのでよろしくお願いします。

じゃあ、「三題噺募集」します。

では。


次は、目指せ200記事を。


今度から、タイトルの長さはその時の気分で。
流石に、邪魔に思えてきた…。





押してくれればありがたいですね。
まあ、気が向いたらどうぞ。
でも、もうランキングには執拗にこだわりません。
原点に戻って自由気ままに、と言う感じで。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。