--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09/02/2007    Red, white, and beef bow


さて、ちょいと最近カテゴリの「日記」が増え続けている。

ここで久しぶりに「過去」でも晒そう。


(まあつまりネタがないと言う訳で)





確かあれは小学校6年生の夏。

親が「何か適当にお昼ご飯買ってきていいよー」

って言ったんで、500円玉を持って外出。

家の近くには松屋、ラーメン屋、定食屋、マック等結構色々あるので、

その日によって何にするか幅広く選ぶことが出来る。

ただ、当時は一人で外食するようなことは皆無だったので、

ラーメン屋や定食屋で居座る勇気は持ち合わせていなかった。

その代わり松屋やマックでは割と頻繁に一人でも買ってたので、

そのときの俺にとってはその2択だった。


「さて、今日のお昼はなににしようかな?」

とまあきっとそう言うことを考えながら歩き、

T磁路に差し掛かる。

目の前には松屋、左へ行けばマック。

どちらにしよう。



松「ほら、こっちが近いんだからこっちへ行こうぜ」
マ「松屋なんて食べ飽きたでしょ。今日こそはマックへ行きましょうよ」
松「あんな高カロリーなもん食って何が良いんだ。こっちは家で卵かけたら栄養満点だぜ」
マ「でもこっちにきたらあなたの好きなコーラが飲めるのよ」


……

……


松屋の方が安いからそっちにしよう。



妙にお金を気にする少年だった。(親のお金だけど)



買った後、松屋を出ると目の前に立ちはだかる赤い服と白い服。

その頃身長140センチくらいの小さな身体の俺はその二人を見上げる。


めっちゃ美人の女性が二人。


俺が松屋の袋を持って立ち止まっていると、彼女たちは屈んで話しかけてきた。


「ねえ、君いくつ?」




逆ナンパ




イベントスタート




俺「え、11歳です」

赤「11歳だって、可愛い~」
白「お買い物の帰りかな?」

俺「はい、そ、そうです」←軽く緊張

白「そうなんだぁ。偉いねぇ」
赤「ねえ、ねえ、ちょっとお姉さんたちと付き合ってもらえないかなぁ」

俺「え、ご、ごめんなさい、帰らなきゃ」

赤「そう? ……じゃあしょうがないね。家は近いの?」

俺「は、はい」←二人を避けてさっさと帰ろうとする。

赤「そっか。じゃあ、ばいばいー」
白「ばいばーい」

俺「さよーならー」






あれは一体なんだったんだ。





いやいやいや、今思えばかなり危ないお姉さん方だったぞ。
「ちょっと付き合ってくれないかなぁ」って!


その後どんなムフフな展開か、ギョギョギョの展開か。
……
……

後者だな。

それにしてもあのときの俺は偉かった。
エロかったじゃなくて本当良かった。



そして、それから俺は一度も逆ナンパには出会っていない。
いや、ろくなことなさそうだから良いか。


……でも、あのとき、一体何をしたかったのだろうか。

き、気になる。












このままキープ出来たら嬉しい。

more open !?
スポンサーサイト
07/11/2007    トイレに籠った人

心折れた鳥が 羽根を休めた場所
それは記憶の街 はしゃぐ君の笑顔


                      旅人:高杉さと美




小学校5年生の頃。
小さな公園で8人が集まった。

俺「集まったけど何するの?」

みんなを集めさせた張本人M君に訊いてみる。
理由は聞かされていなかった。

M「この後、○○3丁目全体を使った巨大鬼ごっこをやろうと思う」

S「面白そうじゃん」←運動、学力共に優秀。私立へ行った彼。
Y「そんなんでわざわざ呼んだのか」←小柄で脚力は抜群(俺には勝てんが)
A「範囲広いな、まあ面白そうだしやったるか」←運動神経抜群。群を抜いてサッカーが上手い。
T「いっけね。この靴新品じゃん」←やる気満々。運動神経超抜群。バスケがすげぇ。
K「えー、何だそれ」←野球上手し。それ以外は微妙。
H「ゼッテー捕まんねー」←サッカー少年。リフティングは神。

…考えると8人も良く集まったものだ。
今じゃ考えられんな。さすがは小学生。時間に余裕しかない。

みんなこの地元に住んで数年のベテラン(?)なのでどこからが4丁目で、どこからが2丁目と言うのは把握していた。

あまりやる気のなかったKを説得し、みんなでじゃん拳。
これがまた、面白い具合に一発で決まる。

見事にKが鬼になる。

足に自信がなく、さらにやる気のない彼。
うーん、実に美味しいじゃないか。

ただ、彼の足の遅さは承知の上だったので、最初のみ、彼に限ってもう1人鬼を追加する。
決まったのはY。彼はかなりの足の速さ。(俺には勝てんが)←しつこい

3丁目は結構広く、隠れる場所も多かった。
それで、当時仲の良かったHと一緒に行動し、少し離れた場所にある別の公園に潜り込んだ。

他のものはバラバラになり、それぞれが逃げ回っていた。
遠くの方からYが叫びながら走っていたりして、様子を見て回避しようと考えていた。

その公園にはトイレとブランコ、滑り台があった。
外ではまず、バレる。
そう思った俺達はトイレに身を潜めて窺おうと決めた(せこい)

小声で話しながら中に入ると、奥の方から何か音がする。

と、文章ではかなり落ち着いて書いているが、かなり怖かった。


トイレの一番奥で誰かがすすり泣いているではないか。


喋ってはいけない、俺達は悟り、息を殺して潜んだ。

言葉に出来ない何かを淡々と呟いている。

怖い。
取りあえず怖い。

何なんだ、この奥にいる人物は。

やがて扉をカタカタ叩いたり、思い切り叩いたり、明らかに荒れていた。
流石に怖くなって、俺達はトイレを跡にした。

……彼は一体何に悩んでいたのだろう。

今でも疑問に残った一つである。


結局その後はすぐに抜け出し、別れ、各々走り回った。
1回も捕まらず、逃げ続けた。
楽しかったね。

走るのは面白い。











も、もう、ちょ、ちょっと?

more open !?

時が流れ 取り残され 焦る気持ちを忘れる勿れ
無謀な挑戦 所詮無駄と 言われて諦める事勿れ



                      マイペース:SunSet Swish




久々に過去のお話。
しばらくやっていなかったので初めて見る人もいるだろう。
俺が昔に起こったちょっと、いや…大分?(←おおいたって読んじゃだめよ)な、
イタいお話を赤裸々に書いていく。
詳しくはカテゴリの過去を。


中学二年の頃。
友人4人と映画「ラストサムライ」を観に行くことに。
2003年の12月6日、土曜日が公開日で、その日に行こう!と友人Gが妙に張り切っていた。
因みに、Gと言うのはあだ名で、決して名字がGから始まるものではない。

当時、かなりの注目が集まった映画で、初日に観に行くのは難しいんじゃないか。
ちょいと戸惑い気味な他3人(俺もその中の1人)。

「ぜってー混むぜ」←友人E
「下手したら立ち見じゃないの?」←友人H
「良いじゃん、来週で」←俺(やる気のなさが見られるね)


「じゃあ、6時に着けば大丈夫だ」


6時?
ますます無理だろ。
( ´,_ゝ`)プッ


「もちろん、朝のね」



(´_ゝ`)クッククク・・(´∀`)フハハハ・・( ゚∀゚ )ハァーハッハッ!!

そう言うことか。
朝早く行って、映画館の前でたむろっていれば良いのか。
そうか、そうか。そうか…そうか。


早すぎじゃヘ(゚曲、゚;)ノ~ ヒィイイイイイ!!


映画公開時間が確か9時だった気がする。


と、まあそんな訳で次の日は(決めたのは5日)5時起きとなった。

だが、ここで1人が不満を漏らす。

「俺、朝無理だからちょっと遅れて行くわ」←友人H

色々と文句たらたらだったが、仕方ないので7時半頃に到着することになる。

翌日、俺の家が一番駅に近かったので、朝5時に友人Hを除いた2人が家へ訪問。
俺は寝ぼけ眼のまま外出。
ほぼ始発の電車に乗車。
中2らしく、誰も乗っていない車両でつり革懸垂。

無駄に楽しい。

中2らしく、シートにごろんと寝転がる。

無駄に気持ち良い。

無事、他人から変な目で見られることなく到着。
予想通り人はほとんどいない。
映画館までの道のりは十分弱。
とことこ歩いて、いざ映画館の前へ。


先客ですか、そうですか。


早いですね、今まだ6時ちょっと前ですよ。
ムサい男3人が何シート広げているんですか。(後の俺ら)

ゲームしたりトランプしたり時間を潰す。

そろそろ7時半になると言うことで、俺が友人Hを迎えにいく。
彼は映画館までの道のりを知らなかったので。
(それでよく、1人で来ようとしたもんだ、全く)

合流し、映画館への道を会話しながら辿る。


ヘ(゚曲、゚;)ノ~ ヒィイイイイイ!!


か ら ま れ た


黒いスエット着て、頭にはツバが後ろに向けられた帽子、口元はバンダナで覆われている。
目と鼻しか見えない男と女に絡まれた。(女と分かったのは目つきとかで)

もう、意味が分からない。

本当、ドラマに出て来るように、

「てめーらどこ中だ?」

と、男。
俺ら2人は見合って、頷く。

「早く言えや」

「「○○○2中です」」(←素直に)

「……」
「……」

男と女が会話している。

「しらねーな、金持ってるな、出せ」

ヘ(゚曲、゚;)ノ~ ヒィイイイイイ!!

非力な我々は為す術もなく、俺は財布に手を伸ばす。




一瞬、素直に従ってくれた俺らに気が緩んだのか、張りつめていた空気が和らぐ。
ここだ!


逃亡。


上手くかいくぐって、映画館の前でのんびりしている2人の元へ。
しかし、もう1人のHが逃げ遅れ、捕まる。(先ほど頷いたとき、逃げよう、とアイコンタクトした)


「早く行け!」


自分の身に何が起こるかも分からないのに、彼は勇敢に俺へそう言った。
Gは、喧嘩が強いので頼りになると思い、呼びに行った。

「やばい! Hが絡まれた! 助けてくれ!」

そう告げ、俺は正直もの凄く怖かったのでEと一緒に待つ。



少し遠くから、笑い声が。


G「なんだ、お前かよー!」
男「お、久しぶりじゃねーか」
女「……」


おまえら知り合いかよ


Gの友人と言うことでさっきのことは謝ってきた。
俺は肩を軽く殴られたので、そのお返しにどうぞ、俺を殴って下さいとまで言ってきた。
ま、優しい俺は殴らないけどね。

そして、彼はバンダナを外すと相当なイケメン!

……人は見た目じゃないねー。

因みに、あのとき残されたHは何発か殴られたらしく、俺以上に謝っていた。



ナイフ持ってたら命に関わってたな。



切実に。



みんなも、気をつけよう。


初めて絡まれて、寿命が縮んだ日でした。
夜もそうだけど、早朝の人通りが少ない所はもっと危ないです。
どうやら、彼らは高校1年生とのこと。
まだ16か!
今考えると若いな!ええ。


……それにしても女の顔、見たかったな(結局こいつはバンダナ外さなかった)


ほななー。











これは、押さなきゃ損だよ。お得だよ。



コメント返し。


訪問&コメントありがとーございます☆

夏殿

そうですか、それは実に良かったw
変態友達として仲良くやっていきますかw
分かっていただけるとは!それは嬉しい!笑
どうもどうもですww
あれ、聴くとテンション上がりますね↑↑
家の中では眼鏡生活ですw
憎んで下さい、全部受け流しますからww
お褒めのお言葉感謝します♪
まだまだ頑張ります!

つっしぃ殿

こっちこそありがとうございます^^
水の中に潜るのは大好きですw
でも昔はお風呂に入ることさえ嫌だったらしい…笑
足が細すぎるのはちょっと嫌ですね(汗
適度にw

ちう吉。殿

手&爪好きwww
機会があれば使ってみようかとw
笑いましたかw
でもパソコンで面白いのがあると不気味かもしれないけど笑うとき…ありますよねw

夏月梨紅殿

フェチ多しですww
つまり五月蝿い奴なんですww
ありがとうございます。
このまんまで終始行きますよw
何、その笑みwww気になる(笑
感謝です♪ありがとうございます。

Y39殿

良いんです、バレたってw
俺と言うしょうもない奴のですからw
共感する部分があると!……意外なw
前回の記事にY39殿のテーマで書いたので読んで下さいね♪



僕らはずっと裸足のまま この浜辺で
きらきら揺れる白い波を 追いかけてる
いつかまた会えると信じられるように


                    出せない手紙:V6




↑さっきまで貼り忘れてたw










前回、書いたiPodについて



大容量のiPodを妥協した理由を綴ろう。


尚、前回のことについてはこちら↓↓

http://tsukkie0sac2ndg.blog89.fc2.com/blog-entry-48.html







去年、2月15日。





事件は起こった。






その日、学校では模擬テストのようなものを学校全体でやる日だったのだが、




受験形式と同じように80分の時間を取らせて問題を与えていた。




昼までに英語&リスニング、数学(或いは国語かも)←どっちかは忘れた。




昼休みがあって、その後に上記に書いた教科のどっちかをやった。




テストが一通り終わってから志望校の評定を決めるため、大学コードを記入して




下校。




うむ、何の問題もない。





テストがだるいだけである。





そして、当日。登校。




そして、すぐテスト開始。




一教科80分は長い。まあ、だがこれが終われば帰れるのだ。







そう思っていた。





下校時刻。





HRも終わり、続々と教室を抜けて行くクラスメート。




廊下にはブレザーに纏われた生徒達。





今出て行ったら暑苦しいし、下駄箱も混むな。





そう判断した俺は少し教室でぶらぶら。




友人と会話し、別れを告げる。





今日は一人で帰ろうか。




そんなことを思いながら鞄に筆箱等を入れ、iPodを取り出す。






取り出す。







取り出す。






……。






ない





iPodがない。





もちろん、考えられるところ全てを探した。





絶対に入れるはずのないロッカーも敢えて調べた。




なく…なった……。いや、





盗まれた。





いつだ?






俺が教室から出ていない時間。





昼休みか。






やられた。






まさか、こんなことになるとはorz






自分でちゃんと鞄にしまったことは覚えている。






それから今の時間まで一回も取り出していない。






間違いない






先生に相談するが、やはり大した協力をしてもらえるわけではなかった。





当時購入したiPodnano4ギガ。






……約3万円の品が瞬時に消えた。






あんまりだ…。




ひどすぎる。




昼休みだったから他クラスの仕業とも考えられる。




こりゃ、犯人を探すこと無理だな。




それに、犯人を突き止める証拠がまるでない。





ε= (´∞` ) ハァー







……




……




そんな過去があった訳で、渋々2ギガにしたわけですねorz




だからもう既にiPodは2台目…。




世の中あんまりだね☆











もー取りあえずクリックお願いします☆笑
一日3回くらいクリックしてくれれば激しく喜びますw









俺の嫌いなもの。




パート2






←          きっとこのどれかにある









「狭いところ」





まあ、難しく言えば「閉所恐怖症」なんだよね





狭いところ大嫌いな俺……






今から8年前、小学校3年生の頃だった。






これくらい前になると、記憶も薄れて来ているから、正確なことは思い出せない。





まあ、ちょっと事実とは異なるかもしれないが、大体こんな感じ、





と言うものを綴っていく







とある日、今と違って優雅な小学生の生活だった。



何をしても大して怒られないし、自由気ままで時間を許す限り、遊んでいた。



当時担任だったT教諭は、学校におもちゃを持ってくることを許さなく、



我々生徒達の反感を買った。



他クラスではやってるのに~。



みたいな、ことを言って何とかしておもちゃを持って来れないかと、頼んでいたが、



なかなか頭が堅く、簡単には許さなかった。



雨の日、グラウンドはぐちゃぐちゃ。廊下は狭すぎてボール蹴りも出来ない。



さて、何をしようか。



チャンバラごっこ



まあ、他人から見たらカワイイ姿だろう。



当時の我々はなかなか面白い事を考えつく。



ルール1:袋に入ったリコーダーで戦う。


ルール2:急所は狙ってはならない。頭か、腹を狙う。


ツール3:負けたら、牢屋行き。←牢屋は=捕まる、という意味(言葉を知らない)


ルール4:敗者は素直に勝者に従う。




そんなルールで成立したチャンバラごっこ。


いざ、勝負!





俺 VS A君




ただし、A君は仮名 ←名前忘れた





ギャラリーは男子4人くらいの中、俺は戦った。



懸命に、負けまいと、必死にリコーダーを振り回す!







開始、数秒





俺、負ける







弱いorz






捕まると言うのは一体なんだろうか。




負けてからふと、思い始める。




(↑負ける気はなかったようである)




A君「捕まるって言うルールだから、掃除用具入れにつっこめ!」





お前は殿様か。




何を偉そうに┐(´ー`;)┌





きっと、俺はこう、思ったのかもしれない。今の俺ならそうだw






しかし、周りにいた友人らは続チャンバラごっこを取りやめて、





俺に群がって来たではないか!




「やめろ! やめろ!」





「負けた奴は素直に従うルールだぜ!」





陰険だ





そして、俺は牢屋へ。





身長が小ちゃくて痩せていた俺はもちろんすっぽりと入れられる。




悶える俺、叫ぶ俺





押さえ込まれながら次第に扉は閉まって行く。





(」゚ロ゚)





閉められた。




鍵付きの掃除用具に閉じ込められた。




必死に助けを求める俺




「出して! 出して!」




だが、言っても無駄だった。



出してくれはしない。




ちょうどその時間は2時間目と3時間目の間にある休み時間。




チャンバラごっこはすぐ開始されたから、残り多くて18分くらい。



扉を叩きまくるが、誰も何も答えてはくれない。




暗闇が、俺を襲う。



狭さが、俺を襲う。




何だ、この暗さは、狭さは?!




……



……



その狭さと暗闇の恐怖が今の俺を作り上げてしまった。




暗闇は別に平気なのだが、狭すぎる空間が怖い、いや、嫌いだorz





その後、休み時間が終わった後出してもらったが、




もちろん閉じ込めた奴を殴り掛かりましたw




勝ちましたw





でも、以来閉所恐怖症ですw





ひどいですw




惨いです、みんなorz












もー取りあえずクリックお願いします☆笑
一日3回くらいクリックしてくれれば俺は、飛びます、裂けます、転びます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。