--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日もまた懲りずに曝け出しちゃおうw



余計な前フリはいらんぜよw






エピソード2




小学校4年生の終わり頃。


俺は友人(S君:前回のS君とは違う)を休み時間にからかっていた。


彼の机の横に掛かっている体操着や給食袋を盗って、


教室や廊下をぐるぐる行ったり来たり、追いかけっこ。


彼は自分の持ち物を取り返そうと、諦めずに追いかけてくる。


こうなる結果は目に見えていたが、当時足に自信があった俺は、





それを思いっきり楽しんでいたw





彼は、いわゆるぽっちゃり系であり、一目見て運動は苦手と言うタイプである。


だが、別にいじめを受けていたわけではない。


単純にからかい相手であるw


足の遅い彼と、当時クラス1位の足の速さを持つ俺w


面白いくらい相手が追いつかないので、そろそろ返してあげようと、


立ち止まり、謝ってそれらを返すが、





もう遅かった。






とうとうブチ切れてしまった。




危険を察知した俺は、思いっきり運動会に出場する勢いで逃げて行くが、


俺を追う彼は恐ろしく速かった。




「NEO!!!死ねぇ!!!!」




(↑普通言わんだろw)


獣のように唸る彼は尋常ではなく、慌てて校庭へと逃げる。


校庭へ逃げたときにはもう休み時間は終わっていて、周囲には誰もいない。


校庭の真ん中に行ったとき、彼が目の前に立つ。


お互い、息を切らして様子を見るが、よく見ると、彼の手には、


信じられないものを手にしていた!!!








続きを読む前にクリックお願いします☆笑



more open !?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。