--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ずっとこのままいたいような 他に何も要らないような
すぐにこの手から離れて消えてしまいそうな
本当の愛は何て意外なモノなんだろう
世界がもう 違ったように見える


                    ラヴぃ:リップスライムとくるり






続き!



何のかって?これ↓


http://tsukkie0sac2ndg.blog89.fc2.com/blog-entry-61.html



一昨年の夏休みから原稿は止まったまま。


常にネタを探しまわった。


ちょっと思いついてはすぐパソコンのメモ用紙に書いて、


どんな話にするか構想を練るが、どうしても最後まで辿り着かない。


俺は長編が書きたいのだ。


短編なんて出来なくていい。


……俺には長編を書けないのか?


悶々とする日々。


だが、とうとう俺にもやってきた。


きっかけは去年の8月。


夏休み中に俺にとっても、家族にとっても、辛い経験をした。


だが、その出来事が俺を変えた。


そのことを小説と言う作品に書上げ、初の30枚越えを達する。


それから数ヶ月。


2月下旬の文学新人賞を目標にネタを集める。


12月下旬、とうとう大まかなプロット(構成)が完成。


あとは書いて、形にするだけ。


それから1ヶ月ちょっとが経ち、送ろうとしていた文学賞と書いている作品の内容が


合致しない。


その文学賞は「中高生を対象とした作品を募集」というものだったが、


書いて行くうちに、方向性の違いが生じる。


何せ主人公が中高生ではなく、大学生なので、送る事を止め、


3月が締め切りの文学賞に変更。


書いて行く事数ヶ月。


寝る時間を惜しんで3時まで書いたり、


次の日に学校がないときは5時前くらいまで書いていた。


開始1時、終わりが3時~5時。


それでも進む枚数は10枚程度。


そんな日々を過ごして来て


とうとう、昨日完成。


しかし、締め切りは明日。


取りあえず部活の顧問に見せる為、今日学校へ登校。


水泳部の他に文芸部にも入ってる。因みに部長。


制服で行かなきゃいけないのだが、


面倒だったので制服が入ったバッグを持ち、私服で行って、


着いたらトイレで着替えたw


これで、バレない


完璧と踏んだ。


バレる。


まあ、管理人さんみたいな人だったからセーフw


顧問に見つかったらやばいやばい。


そして、感想を聞き、印刷してもらう。


原稿用紙に換算すると枚数127枚。


長編処女作なので、駄文だと思ったが、意外と先生は褒めてくれた。


ストーリーが面白かった、と言ってもらえたので、良かった。


ストーリーに自信があったので、


これに対して何かひどいこと言われてたらショックだったw


文章も上達していると言われた。


ただ、日本語の言い回しが少しおかしいと言う部分があったらしかったが、


後は特に何も言われず。


まあ、そうは言っても世の中にはもっと俺よりも上の人間がいる。


大した評価は得られないとは最初から思っている。


だが、だからこそ俺は出す。


そして自分の実力を知って、もっと向上させる。


いつかは、夢である作家になるために。




……しかし、一つ問題が。




締め切りは明日。



郵便局で当日消印を押してくれるかどうか。


しかも、明日は土曜日w



やってないところが多いww


ピンチw



……




まあ、何とかなるかw








そんな独り言でした。




こんな変なこと最後まで読んでくれて(前編も)



ありがとうございますw



さ、また新しいのを書きますw



珍しくプロットも完成させたw



頑張ろ♪







もー取りあえずクリックお願いします☆笑
一日3回くらいクリックしてくれれば俺は、反転しますw




スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。