--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/01/2007    流石と呼べるもの
この手に落ちた
腐りかけのリンゴ
鏡に映る 僕らの裏側まで


                      解読不能:ジン
                    
                    



昨日の楽しさはどこへ行ったか。


相変わらず平凡な日々を送ってましたorz


高校生ってこの時期つまらんね。


どっかできっと女と遊んでいるだろうH先輩(多分3人は分かるだろう)とは違うな。


( ´,_ゝ`)


とまあ、どーでも良いんだけどね。


ってか今日は散々な目にorz


1時、昼飯。


父親「今日はケンタッキー食べようか」


(´ ▽`)「え! 珍しいw でも高いから止めようぜ」


(↑自分の金じゃないのにケチる)


妹「食べたことなーい」


父親「まあ、たまにはこういうのも良いだろ。高いからこそ、な。うん」




まあ、良いや。



因みにケンタッキーを食べるのは人生3回目。



一回目:知人宅

二回目:友人の誕生日パーティにて

三回目:自宅


三回目にして家族でのケンタッキー♪


美味い美味いw


腹一杯になったがなww


そして、ちょっとお腹が膨れたのでトイレへ。


その際、地元の友人から電話がかかって来たので、携帯片手にトイレへ。


(´ ▽`)「おう、なんじゃ?」

友人「よう! 今度遊ぼうぜw」

(´ ▽`)「今じゃないなら電話するなってw 俺う○こ出そうなんだよ」

友人「お前、今トイレかw」

(´ ▽`)「今から出すとこだって。専念したいからあとでメールするから待っとれ」

友人「あいあいw」


トイレへ駆け込んだ俺はトイレの蓋を開ける。




ポチョッ



うへ?



ケータイが落ちた




「zいhんとえyg;sぬいyば@うぇ!!!」



慌てて救いの手を伸ばす。



電源落ちてるやん。



まずい!


大丈夫か?


まあ、取りあえずうん○だ。


俺は腰を下ろし、トイレットペーパーで無駄に足掻きながらもケータイ君を拭く。


電池パックを取り出して救出作業を行なう。


○んこを終え、家族にこの事を伝える。


(´ ▽`)「やべぇよ! ケータイトイレに落としちまった! どーすりゃいいんだ!」


父親「え!? どーするって言ったって…。無事なのか?」


(´ ▽`)「んなわけないだろ! ああー。気に入ってたのになぁ」



妹「お兄ちゃん、嘘でしょ?」









……妹め。








お兄ちゃんの狙いをまんまと見抜きやがってorz





嘘ってことバレたじゃねぇか。





父親「……(ι´ω`)」












妹「単純だよねー」








ド━━━(゚ロ゚;)━━ン!!








orz





よくわかってんじゃねぇか






エイプリルフールだ、このやろーorz




因みに、嘘の始めは友人からの電話からw


あ、うんこは本当だよ?







もー取りあえずクリックお願いします☆笑
一日3回くらいクリックしてくれれば俺は、浮き上がりますw


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。