--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/11/2007    Am I an addict?


「……正直にいいます。僕はあなたを好きなんです。
 すみません。突然こんなこといって。
 知り合って間もないけど、僕は好きです」


          題名:結婚しよう
          著者:永倉万治





今日の記事はきっとスススーッと読者が引いていく内容でしょう。


この記事をじっくりと、しっかりと、読む人はいないであろうが、


ここは、「So Frankly!!」


それでも良いのさ。フフフ。



あ、決して卑猥ではないぞよ。

むしろ、卑猥な内容だったらむしろ増えr(ry



勉強の合間に、と言う感じで通学時間には常に本を読もうとつい先日言った。
(あと、夜寝る前にね)

あれから3日後。


久しぶりに一冊の本を読み終わった。

んと、多分夏以来じゃないかな。

ほら、よくある夏の読書感想文!みたいなやつ。


夏の下旬に読んでから、なるべく本は止めようと思ったのだが、やっぱり無理。

本がなくては!
因みにそのとき読んだのは「ライ麦畑でつかまえて」
詳しくは「ブログ検索」から上記のタイトルで宜しく。



そう言えば…気付いたことがあるんだけど、多分俺、活字中毒。

詳しく調べてみると、言動が悪くなったり、気分が悪くなったりするケースもあるらしいが、
まあそこまでではないので、活字中毒の一歩手前辺りか。


ただ、本屋には一日一回は行くし、新書は必ずチェックするし、常に文字追ってるし、
興味なくても読みたいと言う願望はあるから……あ、これってもしや中毒k(ry



話が逸れた。



んで、だから読んだ本は、

著者:永倉万治

題名:結婚しよう


トップにある文章が書いてあったもんですね。

この本は先日伯父さんのところに行ってきてもらったものである。

最近では読んだ事のない人の本を一冊は読もうと考えている。
だからこの本を選んだというのもあるが、一番惹かれたのは、タイトル。



「結婚しよう」



何といい響きではないか。

誰が何と言おうと、プロポーズである。

堂々としていて、素晴らしいと思った。

ストレートである。カーブやフォークなどそんな捻くれた球ではない。
直球。

何故かやたらこの本に惹かれたのである。


そんなこの本の中身は、40歳を越えた中年の男女の恋愛小説。

表題作の他、「真理子の憂鬱」、「ガルフ諸島」

主人公は違うものの、それぞれの主人公はある繋がりがある。


久しく出会った彼らが、その日を境に展開していく短編集。


40歳と言う年齢は、このブログを見てくれている人にとってはかけ離れた年齢であるが、

その歳とは裏腹にすごく暖かい。


難しい言葉もほとんどなく、すっきりとして読みやすい。

読後感も良かった。


ただ、ちょっとあるきっかけがそれぞれの主人公を動かすのだが、
どうもそのきっかけがあまり話の内容に影響していないというのは感じられた。

表題作には少なからずあったが、読み進めていくうちに、そのきっかけに関する内容が
あまり書かれていない。

恋愛小説だから仕方ないと言えば仕方ない…か。


300頁ほどなので、暇な人は一日もあれば読めると思う。
是非お手にとって頂きたい。
そして、感想お待ちしてます♪





結婚しよう 結婚しよう
永倉 万治 (1995/12)
新潮社
この商品の詳細を見る
















上位にて争いが起きていた模様。



more open !?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。