--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/16/2007    溢れる喜び




校内読書感想文佳作入選



おったまげた。


人生初よ、こういう賞もらったの。


小学校、中学校のときは作文が嫌で嫌で仕方なくて、入選だなんてほど遠かった。


書いたと思えば、


「○○はとても面白かったです。
 僕は~と思いました。
 この本を読めて良かったと思います。
 これを機にもっとたくさんの本を読みたいと思います」


いやー、幼稚w


「~と思いました」の連発w


夏休みの宿題とかで税の作文とか書かされたときもあったけど、


ネットでお手本見つけてそれをちょこちょこ書き直して提出してたからなw


……そう思うと俺、作家になりたい!って夢、すごいな。


さらに、これ実現出来たら……母校の先生は何と仰られるだろうかw



そう言えば、この佳作入選は全学年で6人選ばれて、俺がその中の一人。


あとは最優秀賞が一人と、優秀賞が二人。


最優秀賞が確か1年生、優秀賞も1年生と2年生がいたっけか。


佳作は知らないけど、3年生の入選俺だけと言う快挙w



普通に嬉しいw


学年で400人近くいるのに、俺だけって……


まあ受験勉強で忙しいから出さなかった人も多々いるだろうけどさ、いいね、こういうの。


放課後、文芸部の顧問に今回の作品(?)についてお尋ねしたところ、



「感想文ではなくて、評論に近い印象があった」


とのこと。


ただ、まあ大学に行って読書感想文を書く機会なんてないんだから気にすることはないそうだ。


考えてみれば確かにそんな気もする…



俺としてはもう書きたくはないからいいのだがなw


読書感想文は小説書くよりも全然難しいしね。






んー♪


舞台に上る事はなかったけど(上位3名は上った)、


最後の学年でこういった賞をいただけたのは素直に嬉しい。


……真面目にやってよかったw




先生方、ありがとうございます^^












管理ページだいぶ変わったね。




















コメント返ししているときに気付いたけど、コメントが1000投稿突破しました!


皆様のおかげです。ありがとうございます♪





more open !?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。