--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




14日。


「ああ、今日は学校だ。テスト返却か~面倒くさいな」


そんなこと思いながら突然の6時30分起き。
しばらく遅く起きてたから身体が重かった。



あくびをしようとしたら、身体だけではなく、「顎」も重かった。




口が開かないのだ。



いや、正確に言えば、開くことは開くのだが、あくびが出来ん。



そして、ものを食べる時、異様にこめかみ部分が痛いのだ。



なんなんだ、これは一体?



俺の顎…どうした?



悩んでいても仕方ないのでそのまま学校へ。


常に咀嚼してないと、口が閉じて固まってしまうような感じがしてならない。


電車に乗っているときもマフラーで怪しげに口元を隠しながらもごもご。


うーん、痛い。




しかし、まあ何でこのよりによって学校がある日に顎に痛みが走るのだろうか。
痛いではないか。
しかも、学校喋るではないか。
痛いではないか。

でも、痛いけれども全然喋らないよりはマシだったので、
とりあえず学校いるときは何とかなった。


テスト返却で騒いでたからね。うん。
特に閉じることもなかったのでこれは逆に良かった。

そう言えばテスト。
現代文66点だった…
あれ、おかしいな。かなり手応えあったのだが…
初問で早稲田の問題出たのだが、予想外に簡単だったのでこれはイケる!
と思っていたのに…うーん。

と、答案用紙をじっくり眺めていると、明らかに間違っている箇所が8つしかない。

……はて。
何故だろうか。
解答用紙と照らし合わせてみると、間違ってはいない…どういうことだろう。

担任へ申請。

どうやら、漢字の20点分まるまる消えていたのだ!
何と言う…20点はでかすぎでしょ。先生。

と言う訳で結果86点w
クラストップらしいね、やったw

あと日本史も同じ結果に。
明治時代範囲だったんだけど、得意な時代なので良い感じ。
クラストップには及ばないだろうが、まあ、上位だろう♪

…あとは、まあ酷いものだった。別に良いけど。


うん、話が逸れた。



んで、結局帰って心配になったので病院へ。
ただ、何科に行けば良いか分からなかったのでとりあえず整形外科に行ってみる。


待たされること40分。

呼ばれて説明。


「顎関節症」


とのこと。

とりあえずあんまり下あごを動かすなということだ。(横に)
しばらくしていたら治るからそのままにしときんさい。とのこと。


なんかね、院長さん。ものすごい軽い


お茶飲みながらの対応ってなんだよ!
患者が目の前にいるときはせめて我慢しろよ!
って言うか字が汚いよ!図解説明有り難いけどよくわかんねえよ!


医「うん、まあ、変なことしなければ大丈夫だから。結構みんななってるから、うん」


俺「は、はあ」


医「治ったらまた来てね」


俺「え? 治ってもまた来るんですか?」


医「いや、別に治ったら来なくても良いんだけどさ」



どっちだよ!



……軽いおじさんだった。
何だろう、この人。面白いw



それから現在3日目。


初日程痛くはないけど、こめかみ辺りで、変な感じがする。

分かりやすく説明すると、水泳やっているときに誤って水が耳の中に入って、上がったあとも全然取れなくて、家で必死に飛んで水を落とそうとするんだけど、落ちた!って思ったらまだ残ってて、頭をぐらぐら揺らすと耳の奥で水が滞っている感じの音!



分かるか?



咀嚼する度にこの音するんだな~。

気持ち悪いし、本当治るかどうか不思議でしょうがない。


治ったら硬いもの食べなさい、ってさ。

そう言えば最近麺類とかそっちばっかだな。

はい、治ったらするめいか食べますw



みんなも顎関節症にならないよう、
普段から硬いもの食べるようにしようぜベイベー。












最後きもくてごめん。













髪…邪魔になってきたな。








more open !?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。