--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/27/2008    名知らず




今日の予備校での授業は俺の中で一番つらい日。



1限~3限まで日本史ぶっ通し。
4限が空いたけれども、そこでは55段階(小テスト受けてた)
5限に現代文。



まあ、どれも嫌いな科目ではないけれども、やはりつらい。



だけど、現代文で今までの疲れた分を飛ばすくらい面白い。



いつか言ってたあのコナンに出てくる服部平次の声に似てる、
第一印象最悪で、こんなんで現代文伸びるかー!



って言ってたあの授業。



今、もしかしたら一番楽しい授業。



日に日に変わってくんですよ。あの先生。



友達とあの先生について話すと、大体…



「変わったよなー」



そんな感じ。



授業一発目のアレは印象的すぎて今でも覚えてる。



雑談一切なし、ただひたすら口頭で現代文説明。



もう、最初から分かってた、あの人がドSだってこと。



見るからにそうだよ、あれでMな訳がない。自他ともに認めるドSだわ。



しかし、1ヶ月程前から段々おかしくなってくる。



大学でつるんでた友人の訳の分からない進路の話。



大学受験に至っての志望校の決め方。取りあえず、名前だ!



車乗ってたら前方からばあさんチャリ乗って、避けようとしたらミラー破壊。



M大学とW大学はすげえ!







……


……


現代文の授業は基本的に一日一題。



同じ日に色んな問題やるもんじゃない、そんな感じで、最近はそう言った話を入れる。



この話がまた溜まらなく面白い



喋り方もそうだが、抑揚の付け方が素晴らしいね。



その先生、M大学卒業で、色んなこと仕出かしたらしい。



うん、如何にも何かしそうな雰囲気はある。



友人もよーわからん人ばっかで、関西のD大学を第一志望として、浪人。



まさかの4浪。



凄いね。4浪って…考えられないわ。しかもちゃんと勉強してたのに、も関わらず。



就職活動して、どの会社からも、



「なんで、4浪したの?」



そんなことを聞かれ、その人決まって



「バカですから」



そう答えてたそうな。



…何だかんだ言いながら一流の会社に入ったそうです。



そんなよくわからない話ばっかり毎週いつも数分。



でも、そんな話の中にも大学について語ってたりする。



どの大学のことも辛口に、あそこはここが駄目だ、とか、実はJ大学はこんなんだ!



などなど。不思議と、説得力があって、今目指している第一志望はもちろん、



浪人したからには…!



そんな気持ちでもう一つ上の大学のどれを最終目標にしようか、



再び吟味しております。



話云々聞く限りだと、そこらのレベルで自分にあってそうなのは、W大学だなと。



K大学は小論文あって無理!



J大学は意外な一面あって、キツい!と思って却下しつつある(話聞く限りだとね)。



名前、学部、講師、就職、立地、その他色々大事だけど、



自分の性格にあった大学をよく調べてから受験しろよ、そう言われ、なるほど、と。



今第一志望の大学は全ての条件が良いと思っているが、



果たしてその大学の雰囲気がどうなのか、それは分からない…。



……やっぱりオープンキャンパスとか大事だなって改めて思う。



あと、一人だけ友人がその大学行ってるから、



今度メールで聞いてみようかなって思ってる。



去年ほど大学で迷ってはいないが、それ以上により深く探らなきゃとも思う。



去年以上に、そこを目指しても大丈夫か、自分に合ってるか…。



折角浪人して、第一志望受かったのに満足出来なかったら勿体ないもんな。



今年はもうちょっと早く受験する大学決めようと思う。



まあ、ほとんど決まってるっちゃ決まってるんだけどね。



A大学とかも聞いてみよ。多分受けるから。




















下ネタまで行きそうな勢い。













今日の記事で俺が何処ら辺の大学を受験しようか、
第一志望がどこなのかが多分絞られたっぽいなー。
まあ、来年は受かったにしろ、落ちたにしろ、発表するつもりです。
合格発表共に。(あまりに酷かったら考えるけどww)

あ、もしかしてこいつ、この大学狙ってんじゃね?
って思った人、詳しく俺に訊かないで下さいw

これについては今のところ同級生しか知らないはずだから
最後まで秘密にしておきますww



さ、明日も授業だー!








more open !?
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。