--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



夢と現実との境目ってやつをさ
明確にしておくことに
奇跡は徐々に拗ねる
片道だけのチケットと血眼をさ
無視することに
果たして神は頷いてるだろうか?



                  The Rainbow Star:ENDLICHERI☆ENDLICHERI





5月13日。今日は母の日です。
自分を産んでくれた大切な母親に何かプレゼントしましたか?


と、変な前フリを入れたが、ここで企画の発表。



「三題噺」

これが読めるものがいるか。
多分、そう多くはないと思う。
「三題」は普通に「さんだい」
「噺」は「ばなし(はなし)」
と、読む。

どう言うものなのか、何故こんな話を突然持ち出したのか。
「三題噺」

落語の形態の一つで、寄席で演じる際に観客に適当な言葉、題目を出させ、
そうして出された題目3つを織り込んで即興で演じる落語である。

(ウィキペディアより引用)

と、言うもの。
これを小説バージョンにしたものをやろうと思う。

今回の記事で、合計100を超えた。
ブログを初めて数ヶ月。
最初は色々ありながらも割と順調に今まで更新してきて、現在に至る。

前々から小説だの作家だの何だのと、散々言ってきて、
「じゃあ、あんたはそう言えるくらいのレベルなのか」
思った方は居るかもしれない。
そこで、俺はこの「三題噺」を利用して、我がブログに小説を載せようと考えた。
そして、その載せた小説を評価して欲しい。

「面白い」「詰らない」「上手い」「下手」「日本語間違ってね?」
「“てにをは”がなってない」「駄文」「単調」「文章の意味がわからない」「稚拙」
「読んでて違和感がある」

などの感想を一言でも良いので書いてくれるとありがたい。
別に俺は批判されても全く気にしない。
むしろ、感謝したい。
何処ら辺がおかしいのか、それを改めて見つめ直し、向上させる。
そのきっかけが欲しい。自分では上手く見つけられないので。
他人に読んでもらって、初めて気付くものだと。

さて、本題。
上記に書いてある通り、観客(閲覧者)に言葉(名詞)を3つ出してもらう。
この時、「言葉(名詞)」は、全く関連性のないものにする。

例えば、「猫」「ベルト」「鏡」
    「道路」「老婆」「リモコン」
    「財布」「芸人」「チョコレート」

何でも構わない。
ただし、名詞で。
形容詞とかだと安易に使う事が出来てしまうので。
あと、固有名詞は禁止。
「富士山」「笑っていいとも」「徳川家康」等。

そして、この出されたお題で短編を書いていく。

例として、一番上の「猫」「ベルト」「鏡」でちょっと書いてみる。


クッションの上で猫が気持ち良さそうに寝転がっていた。
私が会社に遅刻しそうで忙しくしているというのに。
猫は、社会に縛られていない優雅な動物で羨ましい。
慌てて作り、焼きこげてしまったパンを口に運ばせ、
両手でベルトを閉めていた。
最近、太ったのか、以前に比べて位置が一つずれた気がした。
学生時代、水泳を3年間やって、引き締まった身体は何処へ行ったのやら。
同級生に自慢していたあの頃が懐かしい。
また、戻れたら良いのに。
食卓から見える小さな鏡を見ながら自分の顔を眺めた。
顔全体も、太ったか。
頬を擦ると、肉が少し、増えた感覚がした。
太ったと言えばこの猫、まだ名前が決まっていない。
一週間前に、私の玄関の前で捨てられていた。
丸まるとした猫はそのまま放っておく訳にもいかず、
結局一週間住まれている。
名前、何としようか。


多分、記事を書くときはもうちょっと長めになるだろうが、まだ未定。

今回、書いた短編小説では、
一行目に「猫」
五行目に「ベルト」
十行目に「鏡」

こういう形で行きたいと思う。

では、どうやってお題を出して貰うか。

記事を新しく書いた時、冒頭(又は最後)に、
「三題噺募集」
と、書く。
初めて来た人には分からないので、詳細を加える。
(もしくは、この記事のURLを張るか。そこはまだ考案中)

そして、それが書かれた記事のコメントに、「言葉(名詞)」を3つ書いて欲しい。
そうしたら次回の記事に書くつもりである。

因みに、その言葉を受け付けるのは一番始めに書いた人のみ。
時間が被ってしまったら(滅多にないと思うが)、一番最初に載った人で。
他の方はまた次回の報告を待ってもらいたい。

まあ「三題噺募集」と書くのは時間の関係とかを考えるので、日にちは不定期である。

もし、この募集の際に、コメントがなければ、次の記事は普通のものにする。

と、まあこういう企画である。

100記事記念で何かしようと考えた末に、こんなものしか思いつかなかった。

もし、「結局は自分の腕を見せ付けたいだけじゃないの?」
なんて言われたりするかもしれない。

だが、ここは俺のブログ。
自由気ままに、と書いてあるだろ。
そう思うなら、もう来ないでくれ。

たとえ、独りになっても俺は書き続ける。
だって、それが将来就きたい職業なのだから。


そんなこんなで、こういうの企画を考案したのでよろしくお願いします。

じゃあ、「三題噺募集」します。

では。


次は、目指せ200記事を。


今度から、タイトルの長さはその時の気分で。
流石に、邪魔に思えてきた…。





押してくれればありがたいですね。
まあ、気が向いたらどうぞ。
でも、もうランキングには執拗にこだわりません。
原点に戻って自由気ままに、と言う感じで。

スポンサーサイト
Secret

TrackBack URL
→http://tsukkie0sac2ndg.blog89.fc2.com/tb.php/101-c3670626
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。