--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/29/2008    糸の声音


重い腰を上げてやっとこさ予備校(四谷学院)行ってきました。



行って来たっても見学の範囲でだけど。



事前に電話で予約しなきゃいけないんだけど、変に電話って緊張するから、



俺はかけるまえに一人で電話のシチュエーションをするというバカな人ですw



自分→俺
予備校→塾



シチュエーション中。


塾「はい、四谷学院です」

俺「あ、もしもし。えーっと、入塾説明会に出席したいんですけど」

塾「はい。何時からがご都合宜しいでしょうか?」


……

……


とまあ、大体変に緊張する電話の際はこう事前に出方を予測し、



その場で取り乱さないようにしている。



そして。





……


……


ガチャッ


塾「はい。四谷学院の○○(名前。忘れた)です。」


俺「あ、もしもし。えっ…えーっと。入塾説明会の方に出席したいんですけど」


塾「はい。えー、学年はいくつとなっていますか?」


俺「えー、高卒生です」


塾「……しばらくお待ち下さい。担当の者がいるかどうか確認します」



(ふ、ふーん。高卒生とかそう言うの聞いて来るの。ふうーん)←軽くテンパる。



塾「いつの、何時頃にいたしますか?」


俺「今日なんですけど…今日の14時から伺いたいんですけど大丈夫ですか?」




塾「え? 今日ですか?」




(なんでこの人一瞬めっちゃ焦ったような感じだったんだ?)←さらにテンパる。



塾「……た、担当の者がいるかどうか確認します」



(さっき確認したんじゃねえの?)←ドキドキ。



塾「……はい。大変お待たせしました。
  では、今日本日午後2時ですね。お待ちしております」


俺「はい、ありがとうございます。失礼しますー」


塾「失礼します」




電話は無事終わったが、なんか何とも言えない気持ちが残ったのは秘密。




んで、時間通り14時になる10分前頃に着いて、待っていると、



アンケート用紙のようなものに俺の住所とか志望校とか書かされた。



そこで、軽く問題発生。







第2志望の学校の学科を忘れたwww






まさか、聞かれるとは思わなかった。



と言うか聞かれても普通は答えられますよねーw



俺が馬鹿なだけですよねーw




社会学っぽい名前なんだけど、ちょっと違っていて、第一志望の学科と、



似てるんだけど、なーんか違うんだよなあ。



とかずっと考えていた末に、結局思い出せず第一志望と同じ学科名w




んで、家に帰ってわかったのだが、俺が書いたのは、


「コミュニケーション学科」


だけど、本当は、


「マスコミュニケーション学科」




惜しい!




いや、そう言う問題じゃないなw



駄目だなこの浪人生w




全然予備校の説明について書いてないけど、



1時間くらい話を聞いて、色々と理解はした。



印象で言えばまあ、良い感じ。



あと、もう一つ候補に挙がっているのが「河合塾」



ここは都合上来週になっちゃうけど、一応は見学に行くつもり。



どうなるかなあ。



予備校選びは大切だとか良く言うけど尤もだな。





さあて。



明日は友達(マナ)とちょっと会ってから親戚の家へ。



河合塾のテキストいただいていきます。



友達の家に泊まってるって言うのに悪いね><。



ありがとうです!





明日…11時くらいに出れば間に合うな。うん。




しばらく起きて遊んでよう。←浪人生


















鼻がつまって息し辛くて、さらには咳が出るという…最悪orz










親戚の家、去年末くらいから確か行ってなくて、

受験の結果、知らないはずなんだよね。

あー、知ったらどう思われるんだろ。ちょっと軽く嫌だ。












コメント返し。


訪問&コメントありがとーございます☆


●ちう●

ある人現れたー!w

漢字…なんかえげつないことになってる(汗

俺の中では綺麗だわさ♪
たとえ真っ黒でも俺の中ではあの色のままさあ!


●瑠華殿●

指名しちゃいましたが、お願いしまーす!

ブラッくアイドピースもUVERも好きって人初めて巡り会えたー!笑
嬉しいww

俺の中ではそんな色のイメージです♪

スポンサーサイト
Secret

TrackBack URL
→http://tsukkie0sac2ndg.blog89.fc2.com/tb.php/296-544165e1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。