--/--/--    スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目を塞いで
僕は君を想い描いて
想像の世界で君も全部なくして
分かったよ



               ワールドアパート:ASIAN KUNG-FU GENERATION









最近、相互リンクをしてくれる方が増えたので、知らない方もいるであろうから、
言いましょう。


俺は劇団ひとりが大好きです。

もちろん、芸人として。それ以外に何があると。
好きになったきっかけが、彼が書いた小説「陰日向に咲く」と言う処女作。
芸人ながらも彼が初めて執筆した作品が、何と昨年1月から現在まで、65万部を記録。
まだ話題になる前に読んだ俺は、正直、感動した。

プロの作家と比べてしまえば「なんだそりゃ」と、なってしまうが、
彼だからこその、魅力がそこにはあった。
5つの短編から成り立っている連作小説集。
1つ1つの話が微妙に絡み合っていて、1つ前に出た人物や背景が、ちょこっと
次の話に出ていたりしていて思わず口元が緩む。

あまりの出来の良さに感動して、俺は劇団ひとりが好きになった。
今まではそこまで注目して見ていなかったのだが、読み終わった後、
執拗なまでくらい、彼が出演する番組を見始める。
さんま御殿や平成教育委員会予備校等。

新聞を見て、出演者に「劇団」とか「ひとり」とかあれば、チャンネルを回してしまう。
ちゃんと彼の芸を見てみると、意外と面白い事に気付く。
自虐的な発言や、動作がまた面白い。

そんな、劇団ひとりなのだが、前述した著書「陰日向に咲く」が映画化!

激しい争奪戦の上、東宝と日本テレビが中心となる映画権を獲得した。
主演は岡田准一。

因みに、俺は岡田准一をジャニーズの中で一番カッコいいと思っている。

木村拓哉よりも、タッキーよりも、赤西仁よりも、長瀬智也よりも。


絶対カッコいい


いや、ここは特に重要じゃないのだが。
岡田准一は、借金に苦しみ、オレオレ詐欺に手を染めようとするギャンブル狂の男を演じる。

映画では原作とは異なったオリジナルストーリーを展開させるつもりらしい。
来年公開予定。


よし、受験が終わっているな。


是非1月にやらないことを祈るのだがな。


因みに劇団ひとりは、
「楽しみです。原作より面白いとかあんまり言われない程度に頑張ってください」
と、コメントを残している。

ここら辺が好きだ。
何と言うのだろう…言葉にすることは難しいが、どんな些細な言葉の中でも
常に笑いを誘おうとしている芸人らしさ。

誰か、分かってくれないかなぁ。


あ、受験終わったら見に行こうねえ♪(軽いアピール







「おみくじ」に馬鹿にされました。
…無駄に悔しいです。








押してくれればありがたいですね。
まあ、気が向いたらどうぞ。
でも、もうランキングには執拗にこだわりませんw
原点に戻って自由気ままに、と言う感じで。



スポンサーサイト
Secret

TrackBack URL
→http://tsukkie0sac2ndg.blog89.fc2.com/tb.php/91-64cd81d8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。